金曜日 - 17 / 06 / 2016

宝石買取におけるルビーの扱い

自宅に使わなくなった宝石類はありませんか。昔にかなり高いお金を出して購入したりして、一時期はかなり使用していても、時代の流れや好みの変化、また訳ありの宝石などで手放したいと思う人もいるかもしれません。ダイヤのような宝石ではメジャーではあるのですが、ほかにもルビーやサファイヤなどもあるので、上手に売却する際のコツを掴んで手放すことができるのが一番でしょう。

最近は宝石や貴金属を専門に扱う宝石買取の業者もありますし、ブランド買取でいろいろなジャンルの商品を扱う中で宝石や貴金属も買取をしているところもあります。また、従来通りの質屋などもあるのですが、近場の業者で一箇所だけ出すのではなく、複数の業者に出して比較をしてみるほうがいいでしょう。そうすることでより高値で取引をしてもらうことができる場合もあるのです。

また、宝石や貴金属ではタイミングによっても相場などに変動があったりします。ルビーなどの石で土台が金やプラチナなどではタイミングによっても価格差が生じたりするものなのです。

数多くの業者をネットなどで調べて、買取実績などがあるところに査定をしてもらうようにするといいでしょう。まずは情報収集をしてみるようにしましょう。

数ある宝石の中でもダイヤやルビーサファイヤエメラルドは世界四大貴石といわれるくらいで、誕生石だったりする場合もあって、わりと所有している人も多いものです。ダイヤというのはわりと判定する基準がはっきりとしているのですが、ルビーやサファイヤなどに関しては、色合いや輝き、大きさなどが査定の基準になるのです。ルビーはサファイアと同じ鉱物の一種ですが、赤く発色するルビー、それ以外の色のサファイアに分けることができます。

宝石買取においては、宝石や貴金属専門の買取店やブランド買取などで幅広いジャンルで扱っている商品のところなどで取引をすることができます。業者によってもかなり価格差が生じることもあるので、できることなら複数の業者で査定をしてもらうようにするといいでしょう。最近はインターネットなどでいろいろな業者の買取事例や口コミなどを確認することができるものです。

また高額買取をしてもらうためには、宝石の鑑定書や箱などの付属品があればなおよいでしょう。しかし、鑑定書がなかったりしても、買取をしてもらうことはできます。まずは査定をしてもらうだけでもいいのですが、業者によっては電話やメール、LINEなどで概算を聞くことができたり、出張や店舗、宅配などで査定をしてもらえるところもあるのです。

詳しくはコチラ!

Leave a Reply

Fields marked with * are required You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>